わたしらしい仕事をつくり、ワークライフバランスを実現するための女性の起業を応援します
  トップ > 起業お役立ち事典 > (B)事業計画をつくるため > 収支計画の作成

収支計画の作成

事業にかかる費用と収益をふまえて、どれだけの利益が出せるのかを考えるのが、収支計画です。
商売で入ってくるお金(入ってくるべきお金)と出ていくお金を、事前の段階で具体的に検討して、商売が採算に合うかどうかを検討する必要があるわけです。
独立起業の理由はさまざまですが、事業を始める限り、その事業が利益を生まないと意味はありません。ですから、収支計画は事業計画のなかでも最も大事な作業といえます。
収益については、商品や提供するサービスの価格(単価)を具体的に設定し、1月分の売上高を計算します。売上高の計算は、「何となく」や「勘」で計算するのではなく、客観的な根拠や基準が必要になります。また、売上高はつい多く見積もりがちですが、最悪の状況を想定して見積もってください。 支出については、1月分いくら経費がかかるかを細かく見積もっていきます。こちらは売上高とは逆に、想定できる範囲で最大に予測します。出ていくお金には変動費と固定費があります。(お役立ち事典「(B)-資金計画の作成」参照)。
これで、1ヵ月当たりの入ってくるお金と出ていくお金がわかったわけですから、売上高から経費を差し引けば、それがあなたの商売の利益予測となります。
メモでも何でもいいですから、たとえば下図のような収支予測を立ててみてください。意外と「出ていくお金」が多いことに驚かされるはずです。
その結果、プラスになったでしょうか。利益が出ないようであれば、事業計画自体に無理があるということになりますから、再度計画を練り直す必要があります。

【収支シミュレーション表】
(単位:円)

 

1ヵ月目

2ヵ月目

3ヵ月目

4ヵ月目

売上高

600,000

700,000

1,000,000



(1)売上原価(仕入)

200,000

200,000

200,000

300,000

(2)給与(役員報酬etc)

300,000

300,000

300,000

400,000

(3)家賃(事務所etc)

50,000

50,000

50,000

50,000

(4)経費(雑費、ローンetc)

100,000

100,000

150,000

150,000

支出合計 〔(1)+(2)+(3)+(4)〕

650,000

650,000

700,000

900,000

売上高−支出合計

▲650,000

▲50,000

0

100,000


menu



新着
3/31
起業対談シリーズをスタートしました。
一人目は、オーガニックコットンの普及活動をしている宮嵜道男さんです。


ニュースレター

起業を志す女性に向けて、事務局長の大久保と起業エキスパートが、起業や自己革新に関する最新情報をお送りします。[詳細]

アドレス
メール講座

起業までに必要な基礎知識を段階的に学ぶことができるように、 メルマガを配信します。毎週1回、全36回の配信です。無料。 [詳細]

アドレス:

sm01 sm02 sm02 sm02

(C) ネット&コミュニティ研究所      プライバシーポリシー運営主体サイトマップ