わたしらしい仕事をつくり、ワークライフバランスを実現するための女性の起業を応援します
  トップ > わたしと起業comニューズレター > ニューズレターバックナンバー(起業レッスン) > 起業レッスン024 : ミニ起業家物語 − ECビジネスの課題

起業レッスン024 : ミニ起業家物語 − ECビジネスの課題

前回は、<起業家物語−EC集客>を話しました。


佐藤さんの仕事は、これまで、業務契約を交わした企業や店舗向けのビジネス支援業務でした。

今回のECは、個人相手のビジネスとなります。

前者をBtoB、後者をBtoCと呼びます。

EC開設により、新たに個人顧客を集客しなければなりませんでした。

そのために、佐藤さんは、オンラインとオフラインの両面で集客活動を始めました。

オンライン面は、主に野中さんが担いました。

オフライン面は、佐藤さんが担いました。

それらの施策がすこしづつ功を奏し、売上が伸びていきました。

しかし、課題がありました。

それは、売上が伸びても、なかなか利益につながらないことでした。



【佐藤真美さんのミニ起業家物語−11】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


売上が利益につながらないことは、佐藤さんにとっては、当初からわかっていたことだった。

粗利(あらり)が少ないのだ。

現在の仕入価格は、平均すると、小売価格の7掛けほどなので、粗利は約3割である。

仕入れ契約の際に、注文個数や配送などについて、特例的な条件を承諾してもらったので、価格面での条件が厳しくなった。

この3割の粗利から、広告やアフィリエイトやプレゼントその他の変動費とサーバーなどの固定費を差し引くと、利益はほとんど見込めない。


この課題を解決するためには、二つの方向性がある。

ひとつは、現行商品の販売数量を飛躍的に伸ばし、仕入れ条件を全面的に改善すること、、、

しかし、そういうやり方は、広告費が増大し、なによりも、佐藤さんのポリシーに合致しない。

他のひとつは、(株)エコスタイルのオリジナル商品開発だ。

こちらはリスクを避ける工夫が可能であり、佐藤さんのポリシーにも合致する。


今までの取り扱い商品は、すべて仕入先の既存商品だった。

当然、佐藤さんのECだけでなく、他の店や通販、ECでも取り扱っている。

一方、オリジナル商品の開発は、仕入先には従来無かった新商品となる。

だから、この商品については、佐藤さんが全面的に責任を持たなければならない、、、

つまり、(株)エコスタイルが、製造品をすべて引き受けることになる。

そのかわり、小売価格は佐藤さんが自由に決めることができる。

発注量にもよるが、通常の事例では、原価は小売価格の3割〜4割なので、6〜7割の粗利を見込むことができる。

販売政策における費用割当に余裕ができて、多様なマーケティング施策が可能になるのだ。


オリジナル商品開発にあたって、まず、佐藤さんは、リスクを最小限におさえるため、品目をひとつに絞ることにした。

その品目を何にするか、、、

佐藤さんは、重要な判断を迫られた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(続きは次回へ)



大久保忠男



** 以上は、2014年2月20日配信<起業レッスン>の再掲です *
** ニューズレター最新版の配信をご希望の方は、こちらからご登録ください
   →  http://www.watashi-kigyou.com/mailmagazine.php



menu



新着
2/2
スピリチュアルレッスン「シフト7 Sジョブズ 2」バックナンバーを更新しました。








ニュースレター

起業を志す女性に向けて、事務局長の大久保と起業エキスパートが、起業や自己革新に関する最新情報をお送りします。[詳細]

アドレス
メール講座

起業までに必要な基礎知識を段階的に学ぶことができるように、 メルマガを配信します。毎週1回、全36回の配信です。無料。 [詳細]

アドレス:

sm01 sm02 sm02 sm02

(C) ネット&コミュニティ研究所      プライバシーポリシー運営主体サイトマップ