わたしらしい仕事をつくり、ワークライフバランスを実現するための女性の起業を応援します
  トップ > わたしと起業comニューズレター > ニューズレターバックナンバー(起業レッスン) > 起業レッスン117 : 世界的な崩壊現象

起業レッスン117 : 世界的な崩壊現象

起業レッスン117 : 世界的な崩壊現象
━━━━━━━━━━━━━━━━
 


前回は、<自分自身の物語を創る>について話しました。


1.会社にとって、<イノベーション>が最重要課題であることは認識されているが、その実行には苦しんでいる。

2.個人にとっても、<イノベーション>が必須であるが、まだよく理解されていない、、、理解されても、どのように実践するのか、わからない、、、

3.それも当然であり、というのは、そんなことは、だれからも教わったことがないから。

4.両親も学校も会社も教えてくれなかった、、、なぜなら、両親も学校も会社も理解していなかったし、気にもとめていなかったから、、、

5.戦後しばらくの世代は、安定した会社に入れば良いと考えていた、、、そのためには、良い大学に入れれば良い、、、会社ではまだ上がつかえていないので、みんながそこそこ出世できた、、、経済成長の乗っかって、みんなが同じようにそこそこ裕福になれた、、、定年後は年金でつつましく隠居生活を送れるだろう、、、そんな物語をみんなが共有していた時代だった。

6.みんなで<無自覚>に共有していた<物語>があったので、自分自身の<物語>を創る必要がなかった、、、そういう人がいたとしても、正規のレールから外れた<落ちこぼれ>や<アウトサイダー>(よそ者)として見られていた。

7.だから、誰も、自分自身の<物語>を創るということを教えてくれなかった、、、教える立場の人達自身が<物語>を意識的に創ってこなかったからだ。


かっては、無意識に共有できる<物語>があったため、自分自身の<物語>を創る必要がなかった、、、

だから、個人心理も社会心理も安定した時を過ごすことができた、、、

ある意味では、平和で幸せな時代だったとも言えるのかもしれません、、、

そのような予定調和的な時代は、もう過ぎ去ってしまいました。


社会全体で共有できる<物語>が成立するためには、それを支えるビジョンと制度が求められます。

先述したように、日本では、旧来の<会社社会>がそのビジョンと制度を提供してきました。

しかし、<会社社会>のビジョンと制度は瓦解して、もう元に戻ることはありません。


誰の眼にも明らかなように、戦後の日本社会をかたちづくっていた<会社社会>の諸々の仕組みは、制度疲労から破綻しています。

終身雇用制、、、年功序列、、、正規雇用、、、年金、、、医療保険、、、などなど。

そして、今、<会社>というものは、過去を破棄し、未来に向けて、新たな姿を模索し変容しつつあるのです。


社会全体でみると、既存の社会秩序が崩れて、今までの社会常識が通用しなくなる、、、

国内だけでなく、同様に世界秩序も崩壊に向かっています。

EUとユーロの解体、、、中国の台頭、、、ロシアの復権、、、パックスアメリカーナの衰退、、、国連の失墜、、、金融資本主義の危機、、、などなど

世界史の曲がり角で、グローバルな変容が起こっており、その変容の嵐に日本もさらされています。



(続く)





大久保忠男



** 以上は、2016年6月30日配信<起業レッスン>の再掲です *

** ニューズレター最新版の配信をご希望の方は、こちらからご登録ください
   →  http://www.watashi-kigyou.com/mailmagazine.php



menu



新着
2/2
スピリチュアルレッスン「シフト7 Sジョブズ 2」バックナンバーを更新しました。








ニュースレター

起業を志す女性に向けて、事務局長の大久保と起業エキスパートが、起業や自己革新に関する最新情報をお送りします。[詳細]

アドレス
メール講座

起業までに必要な基礎知識を段階的に学ぶことができるように、 メルマガを配信します。毎週1回、全36回の配信です。無料。 [詳細]

アドレス:

sm01 sm02 sm02 sm02

(C) ネット&コミュニティ研究所      プライバシーポリシー運営主体サイトマップ