わたしらしい仕事をつくり、ワークライフバランスを実現するための女性の起業を応援します
  トップ > わたしと起業comニューズレター > ニューズレターバックナンバー(起業レッスン) > 起業レッスン050 : ミニ起業家物語 − これまでのあらすじ(前半)

起業レッスン050 : ミニ起業家物語 − これまでのあらすじ(前半)

起業レッスン050 : ミニ起業家物語 − これまでのあらすじ(前半)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  

前回は、<ミニ起業家物語−メディア>を話しました。


佐藤真美さんの活動は、メディアやイベント関連での露出が増えてきました。

従来のマネジメントとファシリテーターの役割に加えて、世間の表舞台に立つプレーヤーとしての活躍も目立ってきたのです。

当然、彼女の負担は増え、通常のタイムマネジメントでは、御しきれなくなってきました。

真美さんは、自分の仕事を整理する必要を感じ始めていました。

当初の彼女の予想を超えて、ビジネスが広がっていったため、<ミニ起業家>としてのスタンスを再考しなければならなくなっていたのです。

どのように再考するか、、、?

そこで、今回と次回では、<佐藤真美さんのミニ起業家物語>の、これまでのストーリーをおさらいしてみましょう。


(1)

佐藤真美さんは、中堅アパレルメーカーに勤務していましたが、希望退職に応じて、会社を辞めました。

・・・・・→ 起業レッスン - 012


(2)

自分の納得のいく仕事をしたいと思い、周囲の反対がありましたが、戦争世代の<おばあちゃんのアドバイス>に鼓舞されて、起業の道を歩みはじめました。

・・・・・→ 013


(3)

起業の中身は、オーガニックコットンを選びました。

前職で、オーガニックコットンの仕事に携わっており、その商品や素材が好きだったからです。

幸いにして、前職の会社から、オーガニックコットンの仕事を委託されました。

真美さんは、株式会社を設立して、委託された仕事を会社間の業務契約としました。

新会社は、株式会社エコスタイルという名称で、社長である真美さんひとりだけのワンマンカンパニーでした。

・・・・・→ 014


(4)

経済的基盤をつくるために、新たな仕事を開拓しました。

ひとつは、鎌倉で真美さんの友人が営んでいるエコショップ向けのオーガニックコットン商品開発でした。

・・・・・→ 015

ふたつめは、自然化粧品メーカー向けのオーガニックコットン通販企画でした。

・・・・・→ 016


(5)

こうして、最低限の経済基盤がつくられてきたので、湘南の海のみえる場所に事務所兼自宅を移しました。

自分自身の人生を、生活自体をもっと味わい楽しみたいと思ったからです。

・・・・・→ 017


(6)

真美さんは、人を雇って、会社を大きくしたいとは思いませんでした。

できるだけ、アウトソーシングを活用したり、外部のキーパーソンとの相互支援で、仕事をこなしていこうと考えていました。

・・・・・→ 019

そのために、雇用関係ではない、信頼できる助っ人チームをつくっていきました。

・・・・・→ 020


(7)

そうした仕事のやりかたを模索している中で、チームメンバーとなるwebエキスパートと共同で、自前のECを構築しました。

・・・・・→ 021

既存のオーガニックコットン商品を仕入れて、EC販売しました。

・・・・・→ 022〜023



・・・・・ここまでが、真美さんの起業物語の前半です。



次回は、後半部を振りかえってみましょう。




大久保忠男



** 以上は、2015年1月22日配信<起業レッスン>の再掲です *
** ニューズレター最新版の配信をご希望の方は、こちらからご登録ください
   →  http://www.watashi-kigyou.com/mailmagazine.php



menu



新着
2/2
スピリチュアルレッスン「シフト7 Sジョブズ 2」バックナンバーを更新しました。








ニュースレター

起業を志す女性に向けて、事務局長の大久保と起業エキスパートが、起業や自己革新に関する最新情報をお送りします。[詳細]

アドレス
メール講座

起業までに必要な基礎知識を段階的に学ぶことができるように、 メルマガを配信します。毎週1回、全36回の配信です。無料。 [詳細]

アドレス:

sm01 sm02 sm02 sm02

(C) ネット&コミュニティ研究所      プライバシーポリシー運営主体サイトマップ