わたしらしい仕事をつくり、ワークライフバランスを実現するための女性の起業を応援します
  トップ > わたしと起業comニューズレター > ニューズレターバックナンバー(起業レッスン) > 起業レッスン038 : ミニ起業家物語 − テディベア

起業レッスン038 : ミニ起業家物語 − テディベア

起業レッスン038 : ミニ起業家物語 − テディベア
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       
 
前回は、<起業家物語−ベビーオイルマッサージ>を話しました。


佐藤真美さんが結成した、ママ友コミュニティである<オーガニックママの会>は着実に成長し、顧客基盤としての市場性を対外的に主張できるようになりました。

ベビー用スキンケア用品を開発販売しているメーカーが、それに魅力を感じて、真美さんにコラボ要請しました。

オーガニックベビーオイル販売促進のためのベビーマッサージ講習会と、真美さんの講習会との一部相互乗り入れの企画でした。



【佐藤真美さんのミニ起業家物語−25】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


オーガニックベビーオイルをはじめとする、さまざまな異業種とのコラボを積極的に進めることで、真美さんは、市場を急速に拡大していった。

一方、市場拡大とともに、同時並行で進めていたのが、講習会用商品プログラムメニューを増やすことだった。

当初、、、活動が軌道に乗るまで、しばらくの間は、講習会用の手づくり商品プログラムは、<オーガニックコットン産着>のみだった。

オーガニックコットン産着の講習会で、販路を広げ、ママ友コミュニティを結成したが、コミュニティが成長するにつれて、提供する商材や情報の多様化が求められた。

というのは、当然のことだが、コミュニティ・メンバーの赤ちゃんは毎年成長する、となると、産着だけでは顧客メンバーのニーズに応えられない。

真美さんは、オーガニックコットン産着に続く商材(手づくり商品プログラム)を手がけることになった。

そこで、講習会やメルマガなどを通じて、ママ友コミュニティのメンバーからの希望を募ることにした。

寄せられた希望のなかで、一番多かったのが、手づくりテディベアだった。

あかちゃんのためのぬいぐるみの中でも、テディベアは抜群の人気がある。


テディベアのぬいぐるみは、なめたり、ほおずりしたり、枕になったりで、真黒になるまで、赤ちゃんのそばにいて最初の友となる。

だから、アクリルなどの化学繊維や薬剤を多用した通常のコットンよりも、オーガニックコットンがふさわしい。

外側は、オーガニックコットンの生地を使い、内側には、オーガニックコットンそのものを使う。

テディベアのキットは、首、胴体、手足の6パーツの半完成品にコットンを詰め、各々を縫い合わせてつなげれば完成できるようにした。

1時間もかからないでできる。

出来上がったテディベアは、目となるボタンのの付け方などで、微妙に表情が異なったり、胴体などのパーツに詰め込む綿の量の加減で、ふとっちょや細身に仕上がったりする。

その完成品をお互いに見せ合ったりして盛り上がるので、手づくりテディベア講習会は好評だった。

<オーガニックママの会>のメンバーのほとんどが参加し、産着に続く、第2の柱となった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(続きは次回へ)



大久保忠男



** 以上は、2014年7月3日配信<起業レッスン>の再掲です *
** ニューズレター最新版の配信をご希望の方は、こちらからご登録ください
   →  http://www.watashi-kigyou.com/mailmagazine.php



menu



新着
2/2
スピリチュアルレッスン「シフト7 Sジョブズ 2」バックナンバーを更新しました。








ニュースレター

起業を志す女性に向けて、事務局長の大久保と起業エキスパートが、起業や自己革新に関する最新情報をお送りします。[詳細]

アドレス
メール講座

起業までに必要な基礎知識を段階的に学ぶことができるように、 メルマガを配信します。毎週1回、全36回の配信です。無料。 [詳細]

アドレス:

sm01 sm02 sm02 sm02

(C) ネット&コミュニティ研究所      プライバシーポリシー運営主体サイトマップ