わたしらしい仕事をつくり、ワークライフバランスを実現するための女性の起業を応援します
  トップ > 起業相談FAQ > 個人事業主で始めて、途中から株式会社など法人化する(=法人成り)方法もあると聞きました。この場合、法人化はどのタイミングがいいのでしょうか?

起業相談FAQ

個人事業主で始めて、途中から株式会社など法人化する(=法人成り)方法もあると聞きました。この場合、法人化はどのタイミングがいいのでしょうか?
法人化することにはいくつかメリットがあります。
代表的なものの1つは社会的信用から。例えば、取引先として大企業を相手にする際には、個人事業よりも法人のほうが好まれる傾向があります。
そして事業継承。株式会社の社長が次期社長へ交代する場合は、代表取締役の変更登記を法務局で行えばいいのですが、もしもこれが個人事業の場合は、お店の備品なども相続になり、煩雑です。

そしてもう1つが節税です。日本は所得が多くなればなるほど税金も高くなるという、いわゆる累進課税です。では、いくら売り上げたら法人化するのがいいか?と問いかけたくなると思いますが、これはそれぞれの事業の利益がどれくらい出ているか、家族構成がどうなっているかなど、人それぞれで変わってきます。

法人化のタイミングは、これらのメリットと事業の規模、進み具合等、総合的に考えてから決めるとよいでしょう。一度税理士など専門家に相談してみることをお勧めします。
FAQ一覧へ

menu



新着
2/2
スピリチュアルレッスン「シフト7 Sジョブズ 2」バックナンバーを更新しました。








ニュースレター

起業を志す女性に向けて、事務局長の大久保と起業エキスパートが、起業や自己革新に関する最新情報をお送りします。[詳細]

アドレス
メール講座

起業までに必要な基礎知識を段階的に学ぶことができるように、 メルマガを配信します。毎週1回、全36回の配信です。無料。 [詳細]

アドレス:

sm01 sm02 sm02 sm02

(C) ネット&コミュニティ研究所      プライバシーポリシー運営主体サイトマップ