わたしらしい仕事をつくり、ワークライフバランスを実現するための女性の起業を応援します
  トップ > わたしと起業comニューズレター > ニューズレターバックナンバー(スピリチュアルレッスン) > スピリチュアルレッスン026  :  適者生存

スピリチュアルレッスン026  :  適者生存

前回は、<不安>について話しました。

平和で幸せな日々でも、見ようとすると<不安>がひそんでいること、、、

目先の<心配・不安・怖れ>が去っても、根源的な<不安>は消えないこと、、、

<不安>は、すべてのネガティブ思考・感情の親分のようなものであること、、、

<不安>の正体は、主に意識下で働いている、以下の4つのものから成り立っていること、、、


1.適者生存

2.身体メカニズム

3.種としてのトラウマ

4.死


今日は、<適者生存>について話します。


ネガティブ思考のめがねをかけると、人生はつねに危険に満ちています。

油断をすると、足元をすくわれかねない。

危機に遭遇して、足元をすくわれると、世間の落伍者となり、人生の失敗者となる。

そうならないためには、どうすればよいか、、、

つねに、周囲に目を見張り、未来を予測して、来るべき現実に対処し、環境に適合していかなければならない。


これが、<適者生存>と言われているもので、<不安>をつくりだしているもののひとつです。

私たちが、老いを感じ始めるまでの人生で支配的な信条となっているのは、この<適者生存>の法則です。

意識するしないにかかわらず、この法則は、私たちの人生と世界の見方の根底にあり、思考や行動を操っています。

世の中を支配しているのは、<適者生存>の法則であり、外的状況に対して、環境変化に対して、自己を最適化していくことが、成功の与件となると、意識下で私たちは信じています。

有名大学を出て、大企業に入るのは、<適者生存>の法則を実践しているのです。

しかし、有名大学を出て、大企業に入り、入社してからも<適者生存>のレールの上を順調に走っていると、このレールから離れられなくなります。

レールから離れるのが不安になり、離れることができたとしても、新たな環境への適合が難しくなる。

皮肉なことに、<適者生存>志向は、必然的に既存の状況への過剰適応に陥り、結果的に変化への適合力が失われてしまうからです。


<適者生存>の法則は、環境に適合しているかどうかを、常に私たちに問い、プレッシャーとストレスをもたらしています。

適者生存の敗者だけでなく、勝者となった者にも、このプレッシャーとストレスが日常生活の根底に潜んでおり、平和で穏やかな日々でさえも、それらのささやく声が聞こえてきます。


おまえの富は消え、権力は失墜する、、、

おまえの成功は続かない、、、

おまえの自信はくだかれる、、、

おまえの平和はもろい、、、

おまえの幸せはすぐにでもこわれる、、、

油断するな、、、

気をつけろ、、、と。


適者生存の勝者となっても敗者となっても、<不安>からは逃れられず、心の平和は得られそうにありません。

<適者生存の法則>を意識化し、その強制力の方向性を転換することが必要なのです。



大久保忠男



** 以上は、2014年3月26日配信<スピリチュアルレッスン>の再掲です *
** ニューズレター最新版の配信をご希望の方は、こちらからご登録ください
   →  http://www.watashi-kigyou.com/mailmagazine.php



menu



新着
2/2
スピリチュアルレッスン「シフト7 Sジョブズ 2」バックナンバーを更新しました。








ニュースレター

起業を志す女性に向けて、事務局長の大久保と起業エキスパートが、起業や自己革新に関する最新情報をお送りします。[詳細]

アドレス
メール講座

起業までに必要な基礎知識を段階的に学ぶことができるように、 メルマガを配信します。毎週1回、全36回の配信です。無料。 [詳細]

アドレス:

sm01 sm02 sm02 sm02

(C) ネット&コミュニティ研究所      プライバシーポリシー運営主体サイトマップ