わたしらしい仕事をつくり、ワークライフバランスを実現するための女性の起業を応援します
  トップ > わたしと起業comニューズレター > ニューズレターバックナンバー(スピリチュアルレッスン) > スピリチュアルレッスン042  :  死のワーク(2) 医療シーン

スピリチュアルレッスン042  :  死のワーク(2) 医療シーン

スピリチュアルレッスン042  :  死のワーク(2) 医療シーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


前回は、<一度死んでみよう、余命6か月>シミュレーションプログラムの『第1回:オリエンテーション』を話しました。


今回は、『第2回:医療&QOL(クォリティオブライフ)』のなかの<医療シーン>について、いくつかのポイントを紹介します。


まず、一冊のノートを用意してください。

そのノートを使って、これから、ワークをたびたびやります。

また、気づいたことがあれば、書きとめておきましょう。


今回の<医療シーン>では、スピリチュアル面ではなく、実際的なアドバイスをとりあげます。

そのときの状況を想像しながら、疑似体験してみてください。


まずは、この場面です。

自分が、末期がんだと宣告された場合のことを、想像してみましょう。

検査の結果を主治医から宣告される光景です。

そして、余命6ヶ月と告げられます。


さて、、、現実に、そういう場面に遭遇すると、たいていは、ショックで頭が真っ白になるでしょう。

なにも考えられません。

足元の地面が崩れ落ちるような感覚を味わいます。

立っていられなくなります。

これは、同伴する家族も同じです。


そういうシーンに続いて、さらに、想像を進めましょう、、、

宣告に続いて、主治医から、治療方針についての説明があります。

現在は、国の定めた標準治療というものがあり、つぎの3つがそれに指定されています。

手術と抗がん剤と放射線治療です。

(これらの治療方法については、専門家の間で賛否両論があり、多くの本が出ていますが、ここでは、そういうことにはふれません。)

たいていは、主治医の専門の治療法が勧められます。

治療方針などの説明が終わると、「なにか質問はありますか?」と聞かれます。

医師には、インフォームドコンセントが課せられているので、患者と家族には十分な説明をしなければならないのです。


すると、、、どういう反応をするでしょうか??

患者本人(つまり、あなた)も家族もなにを質問していいのかわからない、、、というのが、よくあるパターンです。

衝撃と不安が交錯するばかりで、落ち着いて考えることができないからです。

しかし、質問が無ければ、異論が無いということで、同意書への署名が求められます。


それに対して、何も考えないで署名してしまうと、病院任せ医者任せの<お任せ医療>になってしまうのです。

あとでなにが起ころうと、それを引き受けるのは自分でしかないということになります。

、、、通常は、こんな状況に陥りやすいのです。


さて、この場合、同意書にはすぐにサインするのではなく、時間を置くことが必要です。

書類や説明書をいったん持ち帰って、家族と十分相談しないといけない、、、

十分吟味した上で、あらためて、主治医に疑問点をただせるように準備をしておく、、、

勧められた治療についてのメリットとデメリットはなにか、、、

どのような副作用や危険性があるのか、、、

他の治療方法の可能性はないのか、、、

それらと比較して、どうなのか、、、

などなど、、、


・・・・・・・・・・・・・・・・


次回に続く。



大久保忠男



** 以上は、2014年8月20日配信<スピリチュアルレッスン>の再掲です *
** ニューズレター最新版の配信をご希望の方は、こちらからご登録ください
   →  http://www.watashi-kigyou.com/mailmagazine.php



menu



新着
2/2
スピリチュアルレッスン「シフト7 Sジョブズ 2」バックナンバーを更新しました。








ニュースレター

起業を志す女性に向けて、事務局長の大久保と起業エキスパートが、起業や自己革新に関する最新情報をお送りします。[詳細]

アドレス
メール講座

起業までに必要な基礎知識を段階的に学ぶことができるように、 メルマガを配信します。毎週1回、全36回の配信です。無料。 [詳細]

アドレス:

sm01 sm02 sm02 sm02

(C) ネット&コミュニティ研究所      プライバシーポリシー運営主体サイトマップ