わたしらしい仕事をつくり、ワークライフバランスを実現するための女性の起業を応援します
  トップ > わたしと起業comニューズレター > ニューズレターバックナンバー(スピリチュアルレッスン) > スピリチュアルレッスン055  :  死についてのワーク(14)  気づき

スピリチュアルレッスン055  :  死についてのワーク(14)  気づき

スピリチュアルレッスン055  :  死についてのワーク(14)  気づき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



前回は、死についてのワーク <一度死んでみよう、余命6ヶ月> シミュレーションプログラムで、<したくないリスト> を作成しました。

作成済みの<したいリスト>と<したくないリスト>、、、そして、自分の日常生活とを照らし合わせて、今の自分を見直そうと言いました。


今回は、今の自分を見直す上で、誰にでも共通する、ふたつの<気づき>をとりあげます。

<したいことリスト>ワークを続けていると、今までの日常で欠如していたあることに気づきます。


何でしょうか、、、?


ひとつは、<死>に対する精神性の育成が、日常的に欠如していたことです。

大企業の中堅幹部として活躍していた50歳ぐらいの男性が、突然余命半年と告げられました。

その男性は、企業人の模範となるような、典型的な仕事人間でした。

会社が自分の人生の場所であり、どこよりも落ち着くのが、会社でした。

ですから、余命宣告されても、以前と変わらず、会社にでかけていましたが、<死>を意識するにつれて、痛感することがありました。


それは、<死>について今まで考えたことがなかった、ということです。


<死>はどういうものなのか、、、<死>にどう対処すればいいのか、、、<死後の世界>はあるのか、、、

そうした疑問が、人生ではじめて切実なものに感じられました。

しかし、なんの知識も心がまえもなく、心のなかは恐怖と不安が募るばかりでした。

男性は、仏教関連の書や、臨死体験や死後世界のことを書いている本などを大量に購入し、治療や仕事の合間に読み始めました。

残された時間で、<死を超える>境地をすこしでも得ようとしたのです。

しかし、次第に気力も体力もなくなり、本を読むこともできなくなりました。

結局のところ、購入した本のほとんどは、積読のまま、男性は亡くなりました。

もうすこし早くから勉強して、<死>の準備を備えていれば、、、と思ったそうです。

たとえ勉強したとしても、<死を超える>境地に至ることが可能かどうかはわかりませんが(おそらく難しいでしょう)、、、男性の焦る心には、私たちも身につまされるのではないでしょうか、、、

日頃から<死>を友とし、生のなかで<死>を生きることができれば、、、焦る心をすこしは落ちつかせられたかもしれません、、、

これが、気づきのひとつです。


次回、もうひとつの気づきについて話します。



大久保忠男



** 以上は、2015年3月25日配信<スピリチュアルレッスン>の再掲です *

** ニューズレター最新版の配信をご希望の方は、こちらからご登録ください
   →  http://www.watashi-kigyou.com/mailmagazine.php



menu



新着
2/2
スピリチュアルレッスン「シフト7 Sジョブズ 2」バックナンバーを更新しました。








ニュースレター

起業を志す女性に向けて、事務局長の大久保と起業エキスパートが、起業や自己革新に関する最新情報をお送りします。[詳細]

アドレス
メール講座

起業までに必要な基礎知識を段階的に学ぶことができるように、 メルマガを配信します。毎週1回、全36回の配信です。無料。 [詳細]

アドレス:

sm01 sm02 sm02 sm02

(C) ネット&コミュニティ研究所      プライバシーポリシー運営主体サイトマップ