わたしらしい仕事をつくり、ワークライフバランスを実現するための女性の起業を応援します
  トップ > わたしと起業comニューズレター > ニューズレターバックナンバー(スピリチュアルレッスン) > スピリチュアルレッスン039  :  死の準備教育プログラム

スピリチュアルレッスン039  :  死の準備教育プログラム

スピリチュアルレッスン039  :  死の準備教育プログラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


前回は、<死についてのワーク>を話しました。


アニータさんのような現実体験が無くとも、疑似体験を積み重ねることによって、同様の境地に近づき、認識を共有できるようになる、、、

その疑似体験を得るための<死のワーク>は、古代から多くの教えがあるが、現代社会に生きる私たちにとっては、親しみのないものになってしまった、、、

戦後日本社会で、一般になじみやすい形で、<死のワーク>を最初に体系化したのは、アルフォンスデーケンさんだ、、、

デーケンさんの先駆的な業績に続いて、さまざまな啓発書が出た、、、

私(大久保)自身も、20年ほど前から、デーケンさんやEKロスさんなどを参考にしながら、自分自身のための<死の準備教育>プログラムを実践している、、、

、、、などを話しました。


今日は、私が実践しているプログラムの一部を紹介し、それから、実践的なワークへとつなげていこうと思います。


このプログラムの名称は、、、<一度死んでみよう:わたしの余命は6か月>シミュレーションプログラム。


6ヶ月後には自分は死ぬと仮定して、それまでの期間に、死ぬための準備をするというものです。

毎月2回、つまり、6か月間で全12回にわたって、死のための準備のワークをします。

準備というのは、実際的な面と精神的な面です。

実際的な面というのは、最近では、エンディングノートに記載されているような事項です。

遺言状や資産整理、葬儀のことなどです。

精神的な面というのは、人生を振りかえったり、感情の整理をしたり、人間関係を見直したり、死についての理解を深めたり、といったことです。

ここでは、主に、精神的な面を取り上げる予定です。


では、これから、プログラムのさわりの部分を紹介しながら、いくつかのワークをやってみたいと思います。

最初に、下記の<前置き>を読んでください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


<一度死んでみよう:わたしの余命は6か月> シミュレーションプログラムの教室へ、ようこそ、、、


あなたは、余命6ヶ月間の命となりました。

これからの6ヶ月間、人生の最後の終末期を疑似体験します。

かっての卒業式は、それまでの学業生活を終了し、あらたな社会人生活を迎えるときでした。

会社定年退職は、それまでの会社人生活を終了し、第二の人生を迎えるときでした。

今回のこの6ヶ月間は、これまでの人生のすべてと、これまでのすべての人との関わりの終結に向けて準備をし、あらたな世界を迎えるときです。


・・・・・・・・・・・・・・・



次回に続く。



大久保忠男



** 以上は、2014年7月23日配信<スピリチュアルレッスン>の再掲です *



** ニューズレター最新版の配信をご希望の方は、こちらからご登録ください
   →  http://www.watashi-kigyou.com/mailmagazine.php



menu



新着
2/2
スピリチュアルレッスン「シフト7 Sジョブズ 2」バックナンバーを更新しました。








ニュースレター

起業を志す女性に向けて、事務局長の大久保と起業エキスパートが、起業や自己革新に関する最新情報をお送りします。[詳細]

アドレス
メール講座

起業までに必要な基礎知識を段階的に学ぶことができるように、 メルマガを配信します。毎週1回、全36回の配信です。無料。 [詳細]

アドレス:

sm01 sm02 sm02 sm02

(C) ネット&コミュニティ研究所      プライバシーポリシー運営主体サイトマップ