わたしらしい仕事をつくり、ワークライフバランスを実現するための女性の起業を応援します
  トップ > わたしと起業comニューズレター > ニューズレターバックナンバー(スピリチュアルレッスン) > スピリチュアルレッスン046  :  死のワーク(6) 別れの手紙

スピリチュアルレッスン046  :  死のワーク(6) 別れの手紙

スピリチュアルレッスン046  :  死のワーク(6) 別れの手紙
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


前回は、<一度死んでみよう、余命6ヶ月>シミュレーションプログラムの『第3回:生活実務/エンディングノート』の話をしました。


今回は、『第4回:別れの手紙』を取り上げます。


私たちは、未来に対して、計画を立てます。

マイホームを建てる計画、、、海外旅行に行く計画、、、新たなキャリアをはじめる計画、、、定年退職後の計画、、、

でも、人生最大のイベントである死だけは、前もって計画することができない、、、

たいていは、死は突然訪れます。

人生のあらゆる計画は、過去からの継続です。

しかし、死は、切断です。

人生を切断し、この世と自分とを分断します。

あの世があってもなくても、死によって、この世のすべてと別れます。

愛する家族との別れ、、、親しい友人との別れ、、、かわいがっていたペットとの別れ、、、丹念に育てた植木や花壇との別れ、、、故郷との別れ、、、

これらとの永久(とわ)の別れという思いが、死にゆく<わたし>を苦しめます。

最初に、悲しみが訪れ、次に、後悔が訪れ、最後に、感謝が訪れます。


この<別れ>を疑似体験します。

どのようにして、、、?

<別れの手紙>を書くのです。


いつものノートを用意してください。

新しい頁を開いて、トップに<永久(とわ)の別れの手紙>と書いてください。

そして、手紙の宛先の名前を書きます。

○○へ、、、と。

この○○には、愛する家族の名前を入れます。

伴侶、子供たち、両親、祖父母、、、

まず、ひとりを選んでください。

その名前を書きます。

そして、その人との永久の別れの手紙をしたためます。


様式も内容も決まっていません。

好きなように書き綴ってください。

出だしの言葉は、なかなか出てこないかもしれませんね。

書こうと努力しないで、まずは思い出してみてください。

その人との想い出を、、、

心に浮かんできた、その想い出を自由に遊ばせてください。

その想い出を遊ばせながら、その人に語りかけてみてください。

そうすると、無理なく言葉が流れ出てくるはずです。

それを、そのまま書いていってください。

想い出を確認しながら、湧きあがってくる思いを言葉にしてください。


そうしていくと、いろいろな気づきが生まれてきます。

この時、どうしてこうしなかったのだろう、、、とか、自分はいったいなにをしていたのか、、、など、気づきの多くは、後悔の念に結びついて現れてきます。

そして、最後は、感謝の思いが奔出します。

感謝の思いを綴っていくうちに、その人が、自分にとって光り輝く天使のように見えてきます。

<永久の別れの手紙>は、一挙に書くのは難しいでしょう。

すこしづづ、書き溜めていってください。


・・・・・・・・・・・・・・・・


次回に続く。



大久保忠男



** 以上は、2014年9月17日配信<スピリチュアルレッスン>の再掲です *
** ニューズレター最新版の配信をご希望の方は、こちらからご登録ください
   →  http://www.watashi-kigyou.com/mailmagazine.php



menu



新着
2/2
スピリチュアルレッスン「シフト7 Sジョブズ 2」バックナンバーを更新しました。








ニュースレター

起業を志す女性に向けて、事務局長の大久保と起業エキスパートが、起業や自己革新に関する最新情報をお送りします。[詳細]

アドレス
メール講座

起業までに必要な基礎知識を段階的に学ぶことができるように、 メルマガを配信します。毎週1回、全36回の配信です。無料。 [詳細]

アドレス:

sm01 sm02 sm02 sm02

(C) ネット&コミュニティ研究所      プライバシーポリシー運営主体サイトマップ