わたしらしい仕事をつくり、ワークライフバランスを実現するための女性の起業を応援します
  トップ > わたしと起業comニューズレター > ニューズレターバックナンバー(スピリチュアルレッスン) > スピリチュアルレッスン036  :  アニータさん、がんが消える

スピリチュアルレッスン036  :  アニータさん、がんが消える

前回は、<アニータさん、宇宙の神秘を体験する>を話しました。


アニータさんは、がんの病状が悪化し、集中治療室で最後の段階を迎えていました。

ベッドに横たえた自分の身体を残して、彼女の知覚は、この世界を超えて拡大していきました。

そして、宇宙の壮大な真理に包まれた時、自分がほんとうは誰かということに気づきました。

その時、すでに亡くなっていた父と親友ソニが彼女にこう告げました。

『自分がほんとうは誰かという真実を知ったのだから、もう一度身体に戻って、今度は、なにも恐れずに思いきり生きなさい』


、、、というところまで話しました。



今日は、アニータさんが臨死体験から帰還してからのことを話します。

2月3日の午後、こん睡状態になってから30時間後にアニータさんの意識がもどります。

アニータさんは、臨死体験中に確信したことを覚えていました。

それは、、、自分がほんとうは誰かを知り、真の自分のすばらしさを理解したので、もし身体に戻る選択をすれば、病気は急速に治るだろうという確信です。

意識が戻った後も、アニータさんは、その確信を疑いませんでした。

そして、それから3日後にはがんが縮小しました。

5日後には、集中治療室から一般病棟へ移りました。

そこでは、窓の外が見えました。

彼女は、その風景に見とれました。

変わり映えのしない風景でしたが、今まで見た中で一番美しいもののように感じました。

アニータさんは、自分をがんにしたものは、<おそれ>だと確信していました。

今や、がんや抗がん剤や死そのものについても、おそれを抱いていませんでした。

しばらくして、がんはすべて消えました。

医師たちには理解できない現象でした。

がんの消えたアニータさんは、3月9日に退院します。

退院後は、幸福感であふれていました。

あらゆるものや人が美しく見えて、ありふれたものやできごとにさえ、魔法や驚きを感じたのです。

以前の仕事にはもう戻りたくありませんでした。

オフィスで上司のために働いたり、お金を儲けることには興味がなくなっていたのです。

人とのネットワークを築きたいとも、仕事のあとに友人とでかけたいといった気持ちもなくなりました。

政治やニュース、そして日常的なおしゃべりなどに、完全に興味をうしなってしまいました。

一方、海辺に座って、夕陽が水平線に沈んでいくのを眺めていると、強く胸をうたれました。

まるで生まれて初めて、この世の美しさを体験している感じでした。

毎朝、新しい世界を探求したいという気持ちで目覚めました。

2006年2月3日に、自分は再びこの世に生まれてきたのだと感じました。

臨死体験を経て、今生きていて、自分を表現するチャンスをもう一度与えられたことが、ただうれしくてならないのです。

アニータさんにとっては、病気も老いもお金をうしなうことももう怖くありません。

死がいつも最悪のシナリオだと考えれられていたので、死ぬことが恐ろしくなくなったら、恐れるものはほかにないからです。

最悪のものに直面してもひるむことはなく、私は無敵だ、、、と感じていました。

そして、、、生という、このすばらしい冒険におけるわずかな時間も無駄にしたくはない、、、

可能な限り、自分自身でいて、生きているときの楽しいひとときを味わいたい、、、

アニータさんは、そう心から思いました。



次回に続く。



大久保忠男



** 以上は、2014年7月2日配信<スピリチュアルレッスン>の再掲です *

** ニューズレター最新版の配信をご希望の方は、こちらからご登録ください
   →  http://www.watashi-kigyou.com/mailmagazine.php



menu



新着
2/2
スピリチュアルレッスン「シフト7 Sジョブズ 2」バックナンバーを更新しました。








ニュースレター

起業を志す女性に向けて、事務局長の大久保と起業エキスパートが、起業や自己革新に関する最新情報をお送りします。[詳細]

アドレス
メール講座

起業までに必要な基礎知識を段階的に学ぶことができるように、 メルマガを配信します。毎週1回、全36回の配信です。無料。 [詳細]

アドレス:

sm01 sm02 sm02 sm02

(C) ネット&コミュニティ研究所      プライバシーポリシー運営主体サイトマップ