わたしらしい仕事をつくり、ワークライフバランスを実現するための女性の起業を応援します
  トップ > わたしと起業comニューズレター > ニューズレターバックナンバー(スピリチュアルレッスン) > スピリチュアルレッスン044  :  死のワーク(4) QOLシーン

スピリチュアルレッスン044  :  死のワーク(4) QOLシーン

スピリチュアルレッスン044  :  死のワーク(4) QOLシーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


前回は、<一度死んでみよう、余命6ヶ月>シミュレーションプログラムの『第2回:医療&QOL(クォリティオブライフ)』のなかの<医療処置確認シート>の話をしました。


今回は、QOL(クオリティオブライフ)のシーンについて、取り上げましょう。


入院生活というのは、たいていは、非日常的なものです。

短期間の特別な時間であり、病気が治れば、日常的な時間に戻っていきます。

しかし、末期がんの場合、戻っていくところはない、、、

入院生活が残された人生となります。

その場合、病院を生活の場としなければならない。

末期がんといえども、生活は厳然としてある、、、

病気も治療も生活の一部であって、その逆ではない、、、

そういう覚悟が求められるのです。

したがって、入院生活自体を充実した生にしなければなりません。

そのための工夫を総称して、QOL(クオリティオブライフ)と呼びます。


<最期を自分がどうすごしたいのか?>

これが、最初の重要な問いかけです。

最期の6ヶ月間をどのように過ごせれば、自分の人生として納得いくのか?

家族とどのように過ごしたいのか?

この問いかけに対しては、必ずしも、病院に閉じ込められた空間を前提にしなければならない、、、ということはありません。

末期がんでも、海外旅行に行ったり、ヒマラヤに登ったりする人もいます。

治療よりも緩和ケアを重視して、ホスピスを選び、生活の質を上げるのも選択のひとつです。

また、在宅医療の可能な地域では、自宅で最期を迎えることも可能かもしれない。

見慣れた風景のなかで、最期を過ごしたいと思うのは、自然な感情です。

自宅であれば、家族とのふれあいも落ち着いたものになります。

あなたは、最期にどういうライフスタイルを選びたいか、、、?

いずれにしろ、残された限られた時間は、人生を濃縮します。

家族との関係も一挙に深まります。

死を背景にして、魂のコミュニケーションが可能になるのです。

ある末期がん患者は、「余命6ヶ月と宣告されてからの時間が、今までの人生で一番充実していた」と語っていました。


今回のQOLについても、最期に、自分はどういうライフスタイルを望むのか、、、ノートに自分の希望を書いておきましょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・


次回に続く。



大久保忠男



** 以上は、2014年9月3日配信<スピリチュアルレッスン>の再掲です *
** ニューズレター最新版の配信をご希望の方は、こちらからご登録ください
   →  http://www.watashi-kigyou.com/mailmagazine.php



menu



新着
2/2
スピリチュアルレッスン「シフト7 Sジョブズ 2」バックナンバーを更新しました。








ニュースレター

起業を志す女性に向けて、事務局長の大久保と起業エキスパートが、起業や自己革新に関する最新情報をお送りします。[詳細]

アドレス
メール講座

起業までに必要な基礎知識を段階的に学ぶことができるように、 メルマガを配信します。毎週1回、全36回の配信です。無料。 [詳細]

アドレス:

sm01 sm02 sm02 sm02

(C) ネット&コミュニティ研究所      プライバシーポリシー運営主体サイトマップ