わたしらしい仕事をつくり、ワークライフバランスを実現するための女性の起業を応援します
  トップ > わたしと起業comニューズレター > ニューズレターバックナンバー(スピリチュアルレッスン) > スピリチュアルレッスン041  :  一度死んでみよう、余命6か月シミュレーション

スピリチュアルレッスン041  :  一度死んでみよう、余命6か月シミュレーション

スピリチュアルレッスン041  :  死のワーク(1) オリエンテーション
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


前回は、<一度死んでみよう、余命6か月>シミュレーションプログラムの概要を話しました。


毎月2回x6か月間=12回にわたって、ワークを実践します。

12回分の各々の内容を簡単に説明しましたが、、、下記に、タイトルのみ再掲しましょう。

『第1回:オリエンテーション』
『第2回:医療・QOL(クォリティオブライフ)』
『第3回:エンディングノート』
『第4回:別れの手紙を書く』
『第5回:したいことリストを作る』
『第6回:最後の1日』
『第7回:遺影写真』
『第8回:死後の総括(審問)』
『第9回:再び生まれる』
『第10回:5段階の心理プロセス』
『第11回:死後の世界』
『第12回:まとめ』


今日は、、、『第1回:オリエンテーション』を取り上げます。

なぜ、このプログラムを実践するのか、、、このプログラムを通じて、何がどう変わるのか、、、それを、自分自身に確認するためのものです。

さわりの部分を、下記に一部引用します。


・・・・・・・・・・・・・・・・


<一度死んでみよう、余命6か月>−シミュレーションプログラム−

『第1回:オリエンテーション』


このプログラムは、死の準備というよりは、生を目覚めさせるためのプログラムです。


あなたは、今本当に生きていますか?

死人のように生きていませんか?

心の底から喜んだり楽しんだり笑ったりできていますか?


わたしたちは、なぜ、生を100%謳歌できていないのでしょうか?

見るもの聞くものすべてが新鮮だった幼児の時のように、、、

夏休みに遊びに没頭していた昔の子どものように、、、


大人へと成長するにつれて、わたしたちの心は、がんじがらめにされてきました。

危険な世の中で自分の身を守り、厳しい競争に打ち勝ち、身体と心の欲求を充たすために、<適者生存>と<損得計算>を常に心がけていなければならなかったからです。

そのために、心を萎縮させる、不安、恐怖、心配という3つの感情に支配されたのです。

この3つの感情から、怒り、妬み、自己嫌悪、憎悪などの感情が生まれてきます。

これらの感情は習い性になり、日常的に再生産されつづけ、それを疑うことも無く、人生が過ぎていきます。

棺おけに片足を入れる段階になって、はじめて、自分の人生を振り返ります。


なぜ、自分の人生はこうだったのか、、、

なぜ、もっと楽しまなかったのか、、、

なぜ、心配ばかりしていたのか、、、

なぜ、もっと好きなことをできなかったのか、、、

なぜ、いつも他人や世間を気にしていたのか、、、

なぜ、家族や友人にもっと喜びを分かち合わなかったのか、、、

なぜ、困っていた人たちをもっと手助けできなかったのか、、、

なぜ、もっともっと生を生きなかったのか、、、


人生の最後が確実になって、はじめて燃えるような思いが湧きあがってきます。

もし、もうしばらくの猶予がもらえたなら、その時は今までの百倍千倍の密度で生きると、、、

ある商社マンは、航空ハイジャックに遭遇し、もう助からないと感じた時、もし生き延びることができれば、どんな不服も不満も言いませんと神に祈りました。

そして、奇跡的にその危機を脱した時の開放感は、心の底から生きているという、それまで経験したことがない全的な感覚でした。


また、幼い時に失明した女性が、成人してから手術で目が見えるようになりました。

彼女は見るものすべてがこのうえもなく美しく、キッチンで皿を洗っては、洗剤の泡に映える陽の光にうっとりとするほどでした。

わたしたちは、奇跡と宝物に囲まれながら、不安と恐怖と心配から、みずから貝のように閉ざして生きているのです。


あなたは、本来の生をとりもどしたくありませんか。

夏休みのこどものように、われを忘れて楽しんだ時間を、あらたに創りだそうと思いませんか。

その気づきを得るために、棺おけに片足をいれるまで待つ必要があるでしょうか。
 
ディケンズ作<クリスマスキャロル>の主人公:スクルージーは、苦虫を噛み潰したような日常を送っていましたが、精霊たちの導きで、クリスマスイブの一夜のうちに人生が一変し、生の喜びにあふれたクリスマスの朝を迎えることができました。

外の世界はなんの変化もありません。彼の心が変わっただけでした。


このプログラムは、あなたが死の疑似体験をすることで、忘れていた本来の生を再発見するためのものです。

死の準備をすることで、自分の身にこびりついた垢や埃のようなものを取り除くことができるようになります。

大事だと思っていたことがさほどのことではなく、あまり気にかけていなかったことが大切なことだと感じるようになります。

知らず知らず習慣になっていたことを、意識的に変えようと思い始めます。

なによりも、無意識に反応してきた感情を、意識的に育んでいきたいと思うようになります。

<わたし>と<人生>を、なりゆきまかせではなく、意識的に創作していきたいと考えます。

一足飛びに、それがすべて可能になるとは言いません。

あるときはそれに気づき、あるときはそれを忘れているでしょう。

しかし、一度、その核を見出し、それに思いを寄せるようになれば、その種は心の中に根付き、生命の営みのように、確実に芽を出します。

そのような自己の育成をはじめることにしましょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


次回に続く。



大久保忠男



** 以上は、2014年8月6日配信<スピリチュアルレッスン>の再掲です *
  

** ニューズレター最新版の配信をご希望の方は、こちらからご登録ください
   →  http://www.watashi-kigyou.com/mailmagazine.php



menu



新着
2/2
スピリチュアルレッスン「シフト7 Sジョブズ 2」バックナンバーを更新しました。








ニュースレター

起業を志す女性に向けて、事務局長の大久保と起業エキスパートが、起業や自己革新に関する最新情報をお送りします。[詳細]

アドレス
メール講座

起業までに必要な基礎知識を段階的に学ぶことができるように、 メルマガを配信します。毎週1回、全36回の配信です。無料。 [詳細]

アドレス:

sm01 sm02 sm02 sm02

(C) ネット&コミュニティ研究所      プライバシーポリシー運営主体サイトマップ