わたしらしい仕事をつくり、ワークライフバランスを実現するための女性の起業を応援します
  トップ > わたしと起業comニューズレター > ニューズレターバックナンバー(スピリチュアルレッスン) > スピリチュアルレッスン049  :  死についてのワーク(8) 許しのワーク

スピリチュアルレッスン049  :  死についてのワーク(8) 許しのワーク

スピリチュアルレッスン049  :  死についてのワーク(8) 許しのワーク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


前々回のスピリチュアルレッスン047は、<一度死んでみよう余命6ヶ月>シミュレーションプログラムの <永久の別れの手紙> についてでした。

今回は、その続き <許しのワーク> です。


これまでの人生のなかで、誰でも、人から傷つけられたり、、、人を傷つけたり、、、しています。

トラウマになって時折、それがうずくこともあるでしょう。

でも、恨みも罪悪感も、死線を越えて持っていきたくはないですね。


そのために、<許しのワーク>をしましょう。


これは、トゲを抜くような作業です。

まず、<傷つけられたこと>からはじめます。

誰かから傷つけられたことによって刺さったトゲを抜きます。


このトゲは、2つのものから成り立っています。

ひとつは、私を傷つけた<人>です。
 
もうひとつは、傷つけられたことによって生じた<感情>です。

  
例えば、、、

10年前の昔、Aさんに裏切られて、その時怒りを感じたとします。
  
怒りから憎しみが生まれ、憎しみが復讐の念に成長することがあります。
  

Aさん ー(裏切り)→ 私   Aさん ←(復讐)―― 私 
  

この二つの → で表わされるドラマが、私の内面でくすぶりつづけます。
  
この場合、現実のAさんは、私が憎んでいるAさんとは異なるのです。
  
私の内面でドラマを演じているAさんは、私の感情が投影された、私の影です。
  
このAさん像のリアリティをつくりあげているのは、私の感情です。

そして、そのAさん像が、私の感情を持続させています。
 
Aさん像と私の感情は、互いに持ちつ持たれつの関係にあります。
 
この内部ドラマが重くなり、外部に表現されると、心身の病になることがあります。

  
このような例にみられるトラウマから解放され、自由になるために、どのようにすればいいのか。
 

次のようにします。


1.記憶の中から、傷つけられたことをひとつ選びだします。

2.その過去のシーンを鮮明に思い起こします。

3.その時に感じた感情を再現します。

4.そして、その感情を十分に味わいます。

5.想像のなかで、相手に対して、その感情を冷静に伝えます。

6.すべて十分に伝え終わったなら、つぎのように言います。

『このことは、これで終わりにします。私は傷つき苦しみましたが、もしかすると、あなたもそうだったのかもしれません。でも、それはもうどうでもよいことです。私はこれで終わりにして、自由になりたいのです。ですから、あなたを許します。200%許します。同時に、私自身をも許します。傷つき苦しむことを選んだ自分自身を許します。これで終わりです。私は前に進みます。』

7.ひとつのことが終わったなら、次にまたひとつ選びます。


そして、同じ作業を繰り返します。

傷ついた経験をひとつづつ取り上げていきます。

最初は時間がかかりますが、慣れてくると、だんだん早くなります。


次回は、<許しのワーク>の続編、人を傷つけたという<罪悪感>をあつかいます。



大久保忠男



** 以上は、2015年2月11日配信<スピリチュアルレッスン>の再掲です *
  
** ニューズレター最新版の配信をご希望の方は、こちらからご登録ください
   →  http://www.watashi-kigyou.com/mailmagazine.php



menu



新着
2/2
スピリチュアルレッスン「シフト7 Sジョブズ 2」バックナンバーを更新しました。








ニュースレター

起業を志す女性に向けて、事務局長の大久保と起業エキスパートが、起業や自己革新に関する最新情報をお送りします。[詳細]

アドレス
メール講座

起業までに必要な基礎知識を段階的に学ぶことができるように、 メルマガを配信します。毎週1回、全36回の配信です。無料。 [詳細]

アドレス:

sm01 sm02 sm02 sm02

(C) ネット&コミュニティ研究所      プライバシーポリシー運営主体サイトマップ